妻が夫の会社の従業員と不貞行為を行い慰謝料請求した事例

判決

東京高判昭和60年11月20日
700万円の請求を棄却し慰謝料200万円を認めた。

事案

X(夫)の経営する会社に就職したY(相手の男性)は、
Xの妻に関心を示すようになり、Xの妻もYの接近をいとわない態度であり、
両者は親密な関係となった。Xの妻はYと性交渉を持つに至り、延べ1か月程度同棲した。
XはYに対して不法行為を働き婚姻関係を破綻させ、精神的損害を被ったとして
700万円の慰謝料を請求し、第一審は500万円を認容したが、Yはそれを不服
として控訴した。

判旨

Xの妻は、Yに対して雇用主の妻という社会的、経済的に優越した立場に
あったのであるから、Xの妻の自由な意思を拘束することはなかったと認められ
あえて守操義務に違反したXの妻の責任が大きいことは否定しない。
Xに支払われるべき慰謝料の額は200万円をもって相当とする。

不倫浮気の慰謝料請求相談所へのお問い合わせはこちらへ。

不倫浮気の慰謝料請求相談所へのお問い合わせ。

不倫・離婚の慰謝料請求書面・示談書作成サービス提供地域

●事務所でのご相談はもちろん出張相談にも対応しております!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 新潟 福島 栃木 長野 群馬 栃木 茨城 山梨 埼玉 千葉 
東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、
新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、
武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、
多摩市、稲城市) 神奈川 富山 岐阜 愛知 静岡 石川 福井 滋賀 三重 京都 兵庫 大阪 奈良 和歌山 鳥取
島根 山口 岡山 広島 香川 徳島 高知  愛媛 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄
高松市 三木町 さぬき市 東かがわ市 坂出市 丸亀市 多度津町 宇多津町
善通寺市 琴平町 綾川町 まんのう町 三豊市 観音寺市

不倫慰謝料請求のご相談者様からの声

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!